--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年11月30日 (木) | Edit |
2006.11.30

日経225のモニターでは今まで短い周期で動意をチェックしていましたが今回から長い周期でもモニターを始めます。現在オプションで使っている周期を先物の方でも試してみたいと言う考えです。短い周期のトレードを「H(早撃ち)トレード」長い周期を「Y(ゆっくり)トレード」と命名します。
日経225モニター

Hトレード

9:31 16200買い -> 9:40 16220返済 +20
10:00 16220売り -> 10:03 16200返済 +20
10:26 16190売り -> 10:35 16210返済 -20
10:57 16200買い -> 12:36 16220返済 +20

12:39 16210売り -> 12:45 16190返済 +20
12:56 16170買い -> 13:06 16180返済 +10
13:15 16170売り -> 13:25 16170返済  0
13:41 15190売り -> 13:51 16210返済 -20
14:20 16200買い ->14:30 16200返済  0

Yトレード

13:04 16180買い ->大引け 16310返済 +180

Hトレードについて「スリッページはどうなっているのか?」と言うご質問を追加でいくつか頂いております。上記はあくまでモニターですが各ポジションでの値は全て成立しうる気配値(買いの場合は売り気配値、売りの場合は買い気配値)での記録です。勿論実際の発注では成立しない可能性も有ります。唯それは自動売買の場合も手動の場合も同様に起こりうるリスクですので余り神経質には成っていません。

「買い(売り)そびれたら見送り次のチャンスを待つ」というスタンスです。

本日は14:30過ぎに大がかりな買い仕掛けが有り急騰しますがこういう一本調子で上昇〔下降)はHトレードではうまく「動意」を捕らえる事が出来ません。

Yトレードの出番という感じがします。

(注意:上記の数字はあくまで売買サイン点灯のモニターの記録です。)

12月 プット 16000

サイン点灯無し

12月 コール16000

13:34 280 買い ->大 引け 350  +70

ソフトバンク株

本日はソフトバンクのモニターはお休みです。

(注意:オプションや現物株については「自動発注」機能は実装する予定は有りません。売買サインが発信した値を記録しています。)

ブログランキングへ

スポンサーサイト
2006年11月30日 (木) | Edit |
2006.11.29

さて本日は風邪で寝込んだ間の残務整理と「簡単225」サポートサービスに忙殺されて「動意くん」のモニターはお休みです。

さて先日FAQをお送りしましたが更に追加でご質問を頂いています。未回答となっておりますがこれについても更に追加FAQを作成していきますので今しばらくお待ち下さい。

さて皆様にご紹介している「動意くん」についての認識ですが当方としては「投資法」の「驚くべき秘策」や「誰も知らなかった裏技」では無く「デイトレに便利なツール」で有るという認識を持っています。

1日中モニターを目を皿のように監視して手動で発注処理を行わなければならないデイトレ投資家のストレスを少しでも和らげるというコンセプトです。

更に「相場監視」と「出動」スピードにおいてはは半端ではないパワーを発揮するのですから正にスグレモノだという認識を持っています。

ご質問を拝見すると「動意くん」を投資法の新しい秘策として捕らえていらっしゃる方も多いようですが上記でも申し上げましたが「驚くべき秘策」や「誰も知らなかった裏技」を発揮するものでは有りませんのでご理解下さい。
2006年11月28日 (火) | Edit |
2006.11.24

日経225モニター

9:48 15690売り -> 14:30 15810返済 +120
14:31 15810 買い -> 14:59 15840返済 +30

本日は体調が不調なので日経先物のモニターにも現在ソフトバンクで取っている長い周期でモニターしています。

今後こういう事も可能です。

例えば長い周期で日経225(ラージ)を取引して短い周期で日経225ミニ)を売買する。

いかがでしょうか?

(注意:自動発注システムの修正は最終段階です。上記の数字はあくまで売買サイン点灯のモニターの記録です。
出来上がっているのですが本人の体調不良で検証がまだなのです。)

12月 プット 16000

サイン点灯無し

12月 コール16000

9:58 75 買い -> 14:27 110 +40
14:56 115 買い ->大 引け 130  +15

ソフトバンク株

9:29 2300 買い -> 12:30 2360 返済 +60

(注意:オプションや現物株については「自動発注」機能は実装する予定は有りません。売買サインが発信した値を記録しています。)

ブログランキングへ

2006年11月28日 (火) | Edit |
2006.11.24

日経225モニター

9:16 15760売り -> 9:2115740返済 +20
9:40 15740売り -> 9:50 15760返済 +20
9:48 15760売り -> 10:23 15740返済 +20
10:20 15710 売り -> 10:23 15650返済 +60
10:34 15660売り -> 10:42 15680返済 -20

12:43 15740売り -> 12:52 15720返済 +20
13:06 15740売り -> 13:10 15720返済 +20
13:31 15690買い -> 13:41 15700返済 +10
14:19 15730買い -> 14:24 15750返済 +20
14:29 15740売り -> 14:31 15720返済 +20
14:57 15730売り -> 15:02 15710返済 +20 

10:20から10:23に70円のプラスになっています。一挙に急落したので20円幅での利益が取れなくなったのです。

又後場寄り付きの大幅高をうまく捕らえる事が出来ませんでした。機械ですので本当じ単純な動きしか出来ませんがこの間投資家は全く相場について考える事も監視する必要が有りません。
唯アラートが鳴る度にメモ書きをとって置かなければ鳴らないのは面倒です。

今後アラートが鳴った時にエクセルファイルに自動記述する機能を加える予定です。これによってメモする面倒は無くなりそうです。

ブログに投稿する手間までは自動では出来ないのですが。

(注意:自動発注システムの修正は最終段階です。上記の数字はあくまで売買サイン点灯のモニターの記録です。
出来上がっているのですが本人の体調不良で検証がまだなのです。)

12月 プット 16000

サイン点灯無し

12月 コール16000

10:54 85 買い -> 13:00  100 +15
13:54 90 買い -> 14:43  90  0

ソフトバンク株

ソフトバンク株ですが前回「信用規制も無い為空売りから入る事も出来ます」とご説明しましたがある方から「信用規制が無いとは信用口座を持っていなくても空売りが出来ると言う意味か?」とのご質問を頂きました。
先物取引をされる方は株式投資の方は詳しくない方もいらっしゃるかも知れませんが、勿論信用口座が必要です。
信用取引規制とは信用取引が乱用されて株価の騰落が激化した場合に証取が取る規制措置で多くは仕手株などに適用されます。
規制かかっていると空売り禁止になる事が多いのです。ソフトバンクについては現在規制がかかっていませんが空売りする為には勿論信用口座は必要です。

9:00 2280 売り -> 10:10 2230 返済 +70
10:13 2220 買い-> 13:07 2255 返済 +35
13:07 2225 売り -> 13:38 2255 返済 -30

(注意:オプションや現物株については「自動発注」機能は実装する予定は有りません。売買サインが発信した値を記録しています。)

ブログランキングへ

2006年11月27日 (月) | Edit |
2006.11.27

さて今日の売買記録と行きたい所ですが先週末大引け後外出した折風邪を引いたらしく寝込んでいました。風邪が胃腸に来たようで3日間食事が出来ず病院へ行って点滴をしてもらい何とか人心地がついています。ノロウィルスとか言う胃腸を直撃する風邪ウィルスが猛威を振るっているようで皆様も沖をつけて下さい。

と言う事で本日の売買記録をお休みさせて頂いております。

ところで昨日FAQを投稿させて頂きました。更にご質問をお受けしていますがこちらもFAQの形で今度は提案書の方で対応させて頂きたいと存じます。

尚先週末金曜日(2006・11・24)分の記録は残っています。少し時間を頂いてその内投稿できると存じます。

敬具
2006年11月26日 (日) | Edit |
2006.11.24

予定より期日が大変遅れてしまいましたがFAQが出来上がりましたno
で掲載させて頂きます。宜しくご参照頂きます様お願い申し上げます。

Q.
『動意くん』とは何ですか?

A.
『動意くん』とはデイトレード用の自動売買ツールです。「売買サイン機能」と「自動発注機能」を搭載しています。

筆者は日経225先物投資実践マニュアル「簡単225でお気楽投資」を発行しており、更に読者サポートサービスも運営しております。動意探知システム『動意くん』はその過程で開発を始めました。

「簡単225」ではデイトレでのテクニカル指標重視のの投資スタンスを取っておりますが実際に売買シグナルを認識する作業は投資家自身の頭で、発注する作業は手動で行わなければなりません。「簡単225」は文字通り簡単なテクニカル指標を単純に理解して利益を確実に取って行く手法ですが、それでも手動での売買サイン感知と発注処理は大変な労力とストレスが伴います。

又日中に投資に集中できない人に取っては発注処理は大きなハードルで有る事は言うまでも有りません。実は筆者も「簡単225」のサポートサービス意外にもビジネスを立ち上げており日中の時間は拘束はされてはいませんが投資には完全集中できないというジレンマを抱えております。(また投資サポートサービスにおいても顧客重視のスタンスから本人の投資自体は後回しという皮肉な実態が有ります。)

このようなジレンマを克服したいと言う動機から動意探知&自動発注システム「動意くん」を開発を着手し現在シミュレーション及び検証中です。

システムの概要については今後『動意くん』の提案用のニューズレター(PDF)及び専門販売サイトを公開いたしますがそちらで紹介できると存じます。

Q.
『動意くん』を購入するにはどうすればいいですか?のリリーススケジュールを教えてください。

A.
現在『動意くん』の提案用のニューズレター(PDF)及び専門販売サイトを作成中です。どちらにも専用の注文フォームを搭載しますのでそちらからご購入が可能です。

ご提案の順番としては(1)先ずニューズレターを「簡単225」サポートサービス(有料メルマガ)会員の皆さんから配布を開始します。(2)次に「簡単225でお気楽投資」の既購入者全員の方に配布します。(3)販売サイトを公開して一般の方にご案内を申し上げます。

リリースの予定ですが12月初旬から中旬を予定しております(多少のずれは有るかも知れませんがご理解下さい。)

Q.
『動意くん』は部数限定するのですか?

A.
部数限定は行います。デイトレ用のシステムであり、手前味噌ですが投資ツールとしてかなりパワーが有りますので、多数の皆様が同時に同様のポジションを持つ事によって市場の混乱の一因になる可能性が無いとは言えません。

部数を厳格に限定させて頂きます。実際の部数がどの位にするかについては現時点では未定です。

唯『動意くん』はあくまでトレードシステムであり関連テクニカル指標のパラメータ(変数)はユーザーが自身で設定する必要が有ります。どの変数を使用するかはユーザーの投資スタンスによって違ってきますので同時に同様のポジションが発生すると言うような心配は無いと思いす。

Q.
『簡単225』購読者から紹介していくと言う事ですが『簡単225』読者優先と言う事ですか?また『簡単225』と連携したシステムなのですか?

A.上記でも申し上げたように『動意くん』のご案内は『簡単225』の既購読者の方からのご案内となります。顧客サービスの
一環という事もありますが、『動意くん』は『簡単225』のコンセプトと共通している部分が多いと言う事も有ります。それは「トレンドに素直に従う」「単純な指標で小まめに利益を取っていく」「リスク管理を徹底していく」という単純なコンセプトとなります。コンセプトが共通していれば理解も速いと思われます。

然しながら『簡単225』と連携しているシステムでは有りません。ご自身の投資システムに活用頂く事は十分可能だと思われます。


証券会社は特定しているのですか?

A.
同様のご質問を多数頂きました。『動意くん』の発注機能については現在はイートレード証券のみの対応となっております。イートレード証券以外に今後他社の発注システムとの対応も検討しておりますが、現在ではイートレードシステムのみの対応です。

『動意くん』の自動発注にご興味の有る方はぜひイートレード証券の口座をお取りになる事をお勧めします。イートレード証券の場合口座は比較的取り易く1-2週間で取得が可能で有ると報告が入っています。

唯『動意くん』の「売買サイン」の点灯(サウンドと画像にてアラート)を認識して他社の発注を手動で行うと言う事は可能です。その場合は楽天証券のマーケットスピードが相変わらずベストで有ると考えています。

Q.今後売買タイミングの有料配信などされる予定はありますか?

A.
現在『簡単225でお気楽投資』のサポートサービス(有料)では相場トレンド予想サービス「東方のお告げ」をリアルタイムでメール配信しておりますが、今後こちらのサービスで売買タイミングの配信を予定しています。

こちらも自動で配信できるようなシステムを開発中です。来年の1月から2月の開始を考えております。


「自動売買」や「シストレ」と言う切り口はさほど目新しいとは思えません。「自動売買」や「シストレ」を強調している投資情報サービスも多数いるようです。

A.
確かに『自動売買』や『システムトレード』と言うキャッチコピーで多くの投資情報サービス業者さんが営業を行っているようですが殆どの場合『自動売買』や『システムトレード』は業者自身が行い(確証は有りませんが)そこで得られた情報をユーザーに配信するというスタンスを取っているようです。

今回のような『自動売買』システムをユーザーに提供するようなサービスは殆ど有りません。稀に有っても非常に高価なシステムで一般の個人投資家には敷居が高いようです。

ご興味のある方はぜひこの機会に『自動売買』システムを入手して下さい。

『動意くん』がリリースされたらご決断は早めにされる事をお勧めします。

Q.
今回の商材でアフィリエイトとは出来ますか?また自己アフィリは可能でしょうか?

A.今回は一次リリースとさせて頂き部数も限定しておりますのでアフィリエイトさんのご協力は考えておりません。唯一次リリース後市場への影響等が見受けられない場合は2次リリースを予定しております。

この場合はアフィリエイトさんのご協力をお願いするつもりでおります。

Q.今回は一次リリースと言う事ですが2次以降のリリースは有るのですか?

A.上記でお答えしていますが1次リリース後市場への影響等が見受けられない場合は2次リリースを予定しております。

期日については今の所未定です。また2次リリースの場合は値上げも考えております。


自動売買は不安が伴います。どう思いますか?

A.
自動売買はリスク管理も自動的に行えるのでより安全だと考える事もできますが、ご意見のようにシステムに発注をゆだねる為に不安だともいう事も出来ます。

「自動売買」は今後最も注目を浴びるテーマとなると考えますが「自動売買を選択しない」と言う選択を取ってもいいと思います。

ご判断は投資家の投資スタイル次第と考えます。

Q.
「欲張り投資」となっていますがどういう意味ですか?

A.
手動よりも自動売買の場合は高速で積極的な発注が可能です。「迷い」や「躊躇」をする事が無いので出動回数も多く欲張り
な印象を受けます。

勿論ストップロス機能が徹底していますのでリスク管理も又欲張りなのです。

Q.
オプションだけの売買システムが欲しいのですが。

A.
『動意くん』の「売買サイン機能」は日経225先物投資のような指数先物投資だけでなくオプションも更に現物株にも対応しておりますが「自動発注機能」にうちえは現在は「日経225先物」及び「ミニ日経225」のみの対応となっております。


Q.
初心者でも『動意くん』で儲けることはできますか?

A.
初心者でも自動発注ですので利益を上げる事は可能ですが出来ればご購入後しばらくは「売買サイン点灯」でのシミュレーションと検証を十分に行う事をお勧めします。

やはり値動きに十分に慣れる事は例え自動売買やシステムトレードと言えども重要です。

Q.
サポートは有りますか?

A.
『動意くん』の機能やシステムに関するご質問はお受けしますが「動意くんをどのように設定すればこれだけ儲けられるよ」と言ったような投資顧問サービス的なサポートは出来ません。

動意くんの設定もご購入後にご自身で工夫検証を行って頂く事になります。

設定のパターンをいくつかご紹介しますが参考設定パターンと言う事では有りません。上記でも申し上げましたがユーザーさんが同時点で同様
のポジションを持つ事の支障を考慮する必要が有ります。

基本的に単純なシステムなのでご自身での設定は難しい事はほとんど無いと考えますが。

Q.
『動意くん』は月にどの程度稼げるシステムですか?今年の月毎の成績はいくらだったでしょうか?

A.
『動意くん』は10月末に一応完成したばかりですので運用成績を公表できる段階では有りません。

唯筆者は「簡単225でお気楽投資」のサポートサービスで昨年11月より毎日市場をモニターしております。また上記でも申し上げた株価トレンド予測「東方のお告げ」を約9ヶ月続けて来たと言う経験が有ります。

上記の経験から『動意くん』の運用成績を類推すると1日の予想利益は先物(ラージ)1枚につき5万~10万円は硬いと考えます。

1日5万円の利益で一月の稼動日を20日とすると(5万円 x 20日=100万円)程度の利益は十分可能だと予測しております。

(注意:あくまで予想の範囲で有り確約では有りません。)
2006年11月22日 (水) | Edit |
2006.11.22

日経225モニター

9:00 15710買い -> 9:09 15730返済 +20
9:35 15710売り -> 9:42 15790返済 -20
9:59 15750売り -> 10:03 15770返済 -20

12:30 15800買い -> 12:36 15820返済 +20
12:52 15820売り -> 13:05 15800返済 +20
13:56 15810売り -> 13:57 15830返済 -20
14:15 15860買い -> 14:21 15880返済 +20
14:43 15880売り -> 14:53 15880返済  0

午前中のタイミングがうまく合いませんでした。こういう事も有りますので余り拘らずに前へ進みたいと思います。

(注意:自動発注システムの修正は最終段階です。上記の数字はあくまで売買サイン点灯のモニターの記録です。)

12月 プット 16000

13:10 330 買い -> 13:18  315 -25

12月 コール16000

9:08 115 買い -> 10:27  110 -5
13:48 130 買い -> 14:43  150 +20

ソフトバンク株

さて本日は日経先物、オプションの他に現物株でもモニターを行いました。ソフトバンク株です。筆者の主宰する「簡単225」サポート(有料メルマガ)サービスでは日経225の動きを読む為にソフトバンク株のモニターを薦めています。
現在同銘柄の値動きは軽く背景には好悪材料が混在しており投資妙味が増しています。100株から取引が可能で信用規制も無い為空売りから入る事も出来ます。
寿命の短い仕手株と違い値動きは安定しており日経225との連動性も大きい為お勧めの銘柄です。唯いつまでもこのように安定的な変動が続くかどうかは保障の限りでは有りません。

9:22 2175 買い -> 9:43 2225 返済 +50
10:13 2255 売り -> 10:30 2235 返済 +20
10:35 2250 買い -> 13:02 2285 返済 +35
13:02 2280 売り -> 13:43 2275 返済 +5
13:43 2275 買い -> 14:32 2300返済 +25
14:32 2300 売り -> 14:43 2300返済 0

売買サインの点灯タイミングは日経指数よりも周期を長く取ってモニターしております。
「簡単225」の読者ならすぐにお分かりになる所謂「お気楽シグナル」に近い周期にパラメータ(変数)を調整しております。

いい具合に利益が取れています。今日は初日ですが出来すぎなのかも知れません。モニターを継続します。

(注意:オプションや現物株については「自動発注」機能は実装する予定は有りません。売買サインが発信した値を記録しています。)

ブログランキングへ

2006年11月21日 (火) | Edit |
2006.11.21

日経225モニター

9:00 15760買い -> 9:05 15780返済 +20
9:18 15810売り -> 9:21 15790返済 +20
9:32 15790買い -> 9:35 15770返済 -20
9:40 15780買い -> 9:47 15800返済 +20
10:02 15810買い -> 10:06 15830返済 +20
10:21 15810売り -> 10:24 15790返済 -20
10:29 15790買い -> 10:35 15770返済 -20
10:48 15770買い -> 10:57 15790返済 +20

12:35 15790売り -> 12:43 15770返済 +20
13:07 15740買い -> 13:16 15760返済 +20
13:25 15740売り -> 13:29 15760返済 -20
13:40 15770売り -> 13:44 15750返済 +20
14:12 15750買い -> 14:22 15770返済 +20
14:26 15760売り -> 14:35 15740返済 +20
14:44 15720買い -> 14:56 15740返済 +20
15:06 15730売り -> 15:09 15710返済 +20

本日は基本的には膠着していましたが良く見ると細かい凹凸が無数に見受けられ「動意くん」による「売買サイン」点灯には最適な日のようです。

(注意:自動発注システムの修正にまだ時間が掛かっていますので上記の数字はあくまで売買サイン点灯のモニターの記録です。)

12月 プット 16000

10:37 365 買い -> 前引け 330 -25

コールは12月者16000に鞍替えしましたが売買サインは現れませんでした。

本日のような膠着相場にはオプションは適していないようです。

(注意:オプションについては「自動発注」機能は実装する予定は有りません。売買サインが発信した値を記録しています。)

ところでメルマガや当ブログでも取り上げていますが11月14日に政府税調発表から発表された証券優遇税制の撤廃の指針が株価低迷の大きな元凶となっている模様です。

株価を支えるには現状の優遇措置を何らかの形で延長する以外には無いような気がします。それにしても実に愚かなタイミングで証券増税(と同じ)を打ち出してきた物です。このセンスの無さに嫌気して外人の失望売りが出てきていると言うのも頷ける気がします。

ところで各証券会社の問い合わせた限りでは指数先物や商品先物の利益にかかる税率に影響は今の所無さそうです。株式投資に比べて遜色ないどころか税率が同率ならお得感も有ります。

先物トレーダーにとっては追い風と捉えてしっかり利益を取って行きましょう。
2006年11月21日 (火) | Edit |
2006.11.21

前回の記事で「証券優遇税制」の廃止に絡んで「日経225」税制についてはどうなるか証券各社に考え方を聞いているとお伝えしました。

全社から回答を得ていませんがマネックス証券と松井証券から回答が来ていますのでご紹介します。


マネックス証券の回答

「お問い合わせありがとうございます。

政府税制調査会は、上場株式等にかかる譲渡益や配当に適用される軽減税率を2008年中に廃止すること、また金融一体課税を本格導入することで大筋合意がされたことが明らかになっております。

上場指数先物取引による差益につきましては、平成16年以降、20%(所得税15%、住民税5%)の税率が適用されており、現時点では税率に変更は生じないものと考えております。

また、金融一体課税に関しましては、損失の繰越控除や他の所得(配当、預金利子など)との損益通算など、納税額を圧縮させるような措置の導入が望ましいと考えております。

ただし、各社のシステム修正など、直ちに対応できない面もあり、その実施時期につきましては慎重な議論が必要になってくるものと考えます。

上場株式等にかかる軽減税率により、「貯蓄から投資へ」向かう大きな流れにつながりましたが、現状で十分かどうかにつきましては、未ださまざな意見があり、軽減税率の廃止によって、一般の投資家の皆様における投資に対する意識もさめかねないとの懸念もあり、議論の余地があると思われます。

現在、業界をはじめ延長を要望する動きも出てきており、当社といたしましても、引き続き、税制改正の動向に留意してまいりたいと存じす。

今後ともマネックス証券をよろしくお願い申し上げます。」

松井証券の回答

「お問い合わせの件ですが、株式を譲渡(売却)する場合、譲渡益に対して、20%(所得税15%、地方税(住民税)5%)が課されます。 ただし、2003年度税制改正により株式譲渡益課税は、2003年1月1日から2007年12月31日までの5年間は10%(所得税7%、地方税(住民税)3%)の特例措置が適用されています。

なお、先物オプション取引に対する課税方法は、商品先物を含む「先物取引」の範囲に属することとされ、20%(所得税15%、住民税5%)の申告分離課税の対象とされます。

こちらは現在特例措置が適用されていないため、株式譲渡益課税の特例措置期間が終了しても、税率は変更しません。

なお、取引の所得にかかる税率は、証券会社が個々に決定するものではありません。 したがって、政府の政策等により、税制が変更になった場合には、当社での取引の所得にかかる税率も変更されます。

その他、税金に関する詳細は、税理士または所轄の税務署に直接お問合わせください。 よろしくお願い申し上げます。 」松井証券回答より

こちらも同様に「現在特例措置が適用されていないため、株式譲渡益課税の特例措置期間が終了しても、税率は変更しません。」楽天証券、株ドットコム、イートレードからは回答は来ていませんが大筋は掴めたと思います。

引き続き関連ニュースの監視を強化しレポートをお届けしますので当メルマガの続報にご注目下さい。
2006年11月20日 (月) | Edit |
2006.11.20

日経225モニター

9:07 16030売り -> 9:08 16010返済 +20
9:19 16010売り -> 9:21 15990返済 +20
9:53 15980買い -> 10:01 15960返済 +20
10:12 16360買い -> 10:22 16360返済 0
10:39 16510売り -> 10:41 16490返済 +20

12:45 15870売り -> 12:47 15850返済 +20
13:00 15810買い -> 13:03 15830返済 +20
13:17 15830買い -> 13:27 15850返済 +20
13:23 15830売り -> 13:28 15850返済 -20
13:49 15860売り -> 13:54 15840返済 +20
14:03 15850買い -> 14:10 15830返済 -20
14:11 15840売り -> 14:14 15820返済 +20
14:21 15810買い -> 14:25 15790返済 -20
14:39 15790売り -> 14:49 15790返済 0
14:49 15800売り -> 14:55 15780返済 +20

本日のような変動の大きい地合いでは自動売買などを行わなくても売り仕掛けだけでかなりの利益を取れるでしょう。小まめな取引はつまらないと感じる方もいるかも知れません。

元々自動売買の試みは大儲けしようというよりストレスを減らしたいという動機からですので当方はつまらなくは無いのですが。また利益を公表して自慢をしたい訳では有りませんのでご理解下さい。

ところで現在読者の皆様からのご質問をFAQにまとめる作業を行っていますがスケジュールが遅れています。もうすぐ仕上がりますので今しばらくお待ち下さい。

(注意:自動発注システムの修正にまだ時間が掛かっていますので上記の数字はあくまで売買サイン点灯のモニターの記録です。)

12月 プット 16000

9:00 230 買い -> 前引け 300 +70
14:12 315 買い -> 大引け 415 +100

12月 コール 16500

コールは買い場は有りませんでした。

本日もプットは大活躍です。変動(ボラティリティ)の大きい相場ではオプションの醍醐味が味わえます。

(注意:オプションについては「自動発注」機能は実装する予定は有りません。売買サインが発信した値を記録しています。)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。