--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年05月25日 (月) | Edit |
2009.5.25

さて・・・

「マーケットウィナーズ」と言う日経新聞系の経済番組では人気エッセイストの勝間和代さんが時々出演していて興味深いコメントを聞くことができます。

経済評論家で大変な読書家でもある勝間和代さんは投資アナリストとしても活躍しておりプロの立場から個人投資家へのアドバイスなどを聞くことができます。

そして・・・

「なぜ個人投資家は負け続けるのか?」

この問いかけが勝間さんのコメントの底流に有ります!

つまり・・・

プロ投資家vs個人投資家と言う対立項では、以下に示す投資環境と条件でプロ投資家が常に優位に立っており、まともに張り合っても個人投資家の勝ち目は無いというコメントで大変説得力が有ります。

● 情報
● スピード
● 資金量
● リスク管理
● 損きりルール

いかなる条件でも個人投資家はプロに比べて劣っていると言うわけです。

読者の皆様で思い当たる点がお有りの方も多いのでは無いでしょうか?

そもそも生き馬の目を抜く相場ではいかなる条件でもプロに劣っている個人投資家が相場で勝ち続けることは相当無理が有るのです!

「それでは全く絶望的ではないか?」

・・・とお叱りを受けそうですが、私の意見では個人投資家が相場で安定的に勝ってゆく方法は皆無と言う訳では有りません。

極論を言うようですが、それは・・・

「システムトレードを個人投資家が応用して利益確保もリスク管理も小まめに行ってゆく!」

・・・これにつきます。

ところが・・・・

実はシステムトレードもプロ投資家が発明したツールですので個人投資家がプロと同じスタンスで活用しようとすると失敗します。と言うか、かなり手痛いしっぺ返しを食います。


特に資金量が極めて限られている個人投資家の場合、ドローダウンが2~300万円続いた時点で市場を退場しなければならないと言う厳しい現実が有ります。

そこで・・・

個人投資家風にシステムトレードを応用して神経質な程にリスク管理を徹底して行けば、少なくとも大きな損失によって相場を退場させられると言う悲劇も回避できるはずです。


更に、利益も安定的に小まめに確保してゆけば安定的に相場に勝って行くことも可能になります。

繰り返します!

「システムトレードを個人投資家が応用して利益確保もリスク管理も小まめに行ってゆく!」

これが個人投資家が相場で安定的に勝って行く一つのヒントです!

そして・・・・

このようなアイデアをプログラム化した投資商材が「スーパーシグナル・TS版」です。

「スーパーシグナル・TS版」
http://supersignal.info

ぜひご参考になさってください!

クリックしてブログランキングへ!にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ





ブログトップへ

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。